HOME>ホットトピックス>どんな時に利用をするとよいのか知っておこう

目次

どういうサービスなのか

握手

一般企業であればオフィスの所在地に郵便物や宅急便を配送してもらうことになりますが、SOHOを行っていたり、オフィスを持たない業種の場合には、自宅宛てに仕事の郵便物などを送ってもらうことに抵抗を感じるでしょう。そんな時には住所貸しを利用してみるとよいです。安全に利用をすることが出来るようになっているので、不安要素もそんなにありません。個人で利用をするのではなく、あくまでビジネス用として利用をするので、犯罪に利用をされてしまうということもありません。専用のオフィスを持って、そこで識別をするという方法もあります。

どんな時に利用するのか

住所貸しはどういう時に利用をするのか知っておくとよいでしょう。便利なビジネスツールをして使われることもありますが、場合によっては賃貸物件を借りる際に利用をすることもあります。ビジネスの場で使われるというものなので、友人同士の住所貸しとは違います。海外から日本に就労をしている人などは、日本国内に住所を持たないということがあるので、その場合には住所貸しを行って、その上で物件を借りるということも可能です。基本的には法に触れることはありませんが、不動産業者によっては禁止をしていることもあります。

広告募集中